PengNote

勉強した事や行った場所の感想を書くブログ

Node.jsからAirtableの情報を取得するところまでやってみた

Airtable は contentful みたいな CMS の 1 つで、ブラウザからデータ管理を行ったり、プログラムから API 経由でデータの取得ができるツールです。Airtable 上にアプリを作成し、そこでデータの設計とか管理を行っていきます。Kintone にちょっと近いものを感じました。

Airtable

今回はその Airtable に対して Node.js からデータの取得を行った時の覚書を思い出しながら書いてます。

環境

  • Node.js 10.15.0
  • airtable-node 0.1.20

今回、airtable-node - npmというパッケージを使いました。別で Airtable オフィシャルのairtable - npmもあるんですが、今回使ったパッケージの方が使いやすかった気がするのでこっち採用です。メンテを考えたらオフィシャルの方を使うのがいい気はします。

(Node.js のバージョン上げなきゃですね…

前準備

Netlify 側の設定(リポジトリの紐付けなど)と App の作成、データの入力は省きます。

Airtable の API Key と App ID を用意します。

API Key の取得

Airtable のアカウントページから取得できます。 アカウントページには、ダッシュボード右上の自分のアイコンをクリック後にプルダウン表示される「Account」から遷移できます。

App ID

Airtable 上での App が作成されている状態で、以下のページへ遷移します。

Standard API

作成した App が表示されているので選択すると、API でのアクセス方法が色々書かれたページに遷移します。 App ID は INTRODUCTION の真ん中辺りに緑文字で表示されていました。(記事作成時)

このページが、自分が作成した App 用に自動生成されたドキュメントになるので、ここを参考にコードを書くと良いかと思います。

データの取得をしてみる

今回は Works の App を用意していて、ここから取得します。

事前準備として先程用意した API Key と App ID を環境変数に設定しておきましょう。 こういうコードで取得できました。

import Airtable from 'airtable-node'

const getWorks = () => {
  return new Promise((resolve, reject) => {
    const { AIRTABLE_API_KEY, APP_ID } = process.env
    const worksTable = new Airtable({ apiKey: AIRTABLE_API_KEY })
      .base(APP_ID)
      .table('works')

    return worksTable
      .list({
        view: 'Grid view' // 作成したAppで使用しているViewを指定
      })
      .then(response => {
        resolve(response)
      })
  })
}

この関数の返り値に records というパラメーターで配列形式で入ってくるのであとはそれを上手く使ってあげれば OK です。