PengNote

勉強した事や行った場所の感想を書くブログ

Djangoでfixtureを使って初期データを投入する

この間テストを書くときに ModelName.objects.create() でデータを作っていましたが、後々見つけたfixtureを触ってみたのでそれについて。

前の記事: DjangoでTestCaseを使ってテストを書いた · PengNote

今回はテストデータではなく、テスト環境で使うデータの投入。 ProjectやAppの作成、登録は終わっている状態。

環境など

  • Python v3.6.5
  • Django v2.0.7

ディレクトリ構造

最終的なディレクトリ構造です。

/
├── db.sqlite3
├── manage.py
├── App
│   ├── apps.py
│   ├── fixtures
│   │   └── fixture.json
│   ├── models.py
│   └── views.py
└── ProjectDir
    ├── __init__.py
    ├── settings.py
    ├── urls.py
    └── wsgi.py

Moddelの作成とfixtureの準備

Modelの作成

Modelは仮でこんな感じで app/models.py に記述。

from django.db import models


class Person(models.Model):
    name = models.CharField('名前', max_length=128)

    def __str__(self):
        return self.name

fixtureの作成

App/fixtures/fixture.json を作成。
上で作成したModelに対してfixtureを作っていくのでこんな感じ。

[
  {
    "model": "App.Person",
    "pk": 1,
    "fields": {
      "name": "山田太郎",
    }
  },
  {
    "model": "App.Person",
    "pk": 2,
    "fields": {
      "name": "田中二郎",
    }
  }
]

他のテーブルが絡んだときどう書くかがまだ分かってないんだけど、単体ならこんな感じになりました。

データを投入する

fixtures/initial_data.json とかって作っておくと、 ./manage.py migrate で毎回入れてくれるっていう話を見かけたのですが、上手くいかず… 暫定的にもう1つの以下の方法でとりあえず入れています。 migrate での入れ方が分かったら追記しようかな。

$ ./manage.py loaddata App/fixtures/fixture.json

テストの SetUp() で指定する方法もあるらしいので、今度試してみます。

参考

Djangoでfixtureを使う - Qiita

おまけ

データが入っているかの確認は、DBeaverを使うのが楽でした。
MySQLやPostgreSQL、SQLiteなどなど色々対応しているらしく、ER図生成してくれるのも便利です。