PengNote

勉強した事や行った場所の感想を書くブログ

anyenvとfish環境にgoenvを入れてGoの環境を作った

Goで開発できるようにgoenvを使ってfishで設定を行ったのでそのメモ。

syndbg/goenv: Like pyenv and rbenv, but for Go.

fish と anyenv を使っているので、ここに goenv を入れる形で構築しました。
goenv は Go のバージョン管理システムで、pyenv を元に作られてるらしいんですが、確かに使い方なんかは似てるなと思いました。

$ goenv -v
goenv 2.0.0beta11

goenv のインストール

anyenv に追加。

$ anyenv install goenv

PATHを通す

Github にzsh用の設定があったんですが、Qiitaにもう少し良さそうなものがあったのでこっちを使ってみました。

$ vim ~/.config/fish/config.fish
set -x GOENV_ROOT "$HOME/.anyenv/envs/goenv"
set -x PATH "$GOENV_ROOT/bin" $PATH
set -x GOROOT (goenv prefix)
set -x GOPATH $HOME/go/(goenv versions --bare)
set -x PATH "$GOPATH/bin" $PATH
eval (goenv init - | source)

anyenvを使うためのfishの設定ファイルの例 - Qiita

このタイミングだと go が入ってないのでエラーを吐きましたが、記事通り go のインストールを行ったら出なくなりました。

go のインストール

$ goenv install -l
  :
  1.13.11
  1.13.12
  1.14.0
  1.14beta1
  1.14rc1
  1.14.1
  1.14.2
  1.14.3
  1.14.4
  1.15beta1

$ goenv local 1.14.4
$ go version
go version go1.14.4 darwin/amd64

とりあえずプロジェクト以下のみ設定してます。

これでインストールできたので、ツールとかAPIとか作っていこうかなと思ってます。