PengNote

勉強した事や行った場所の感想を書くブログ

学祭が終わったので、プロになるためのWebデザイン入門を読み始める

本日1年の中でも大きなイベントである学祭が終わったので、これからどんどんやること/やりたいことを消化していきたいと思います。

とりあえず、サークルのサイトのリデザイン。

そして、それと共に積んでいた本の消化を行いたいなと思います。

とりあえず、ずっと読みたかった本である、Stocker.jpさんの「プロになるためのWebデザイン入門」を読もうと思います。

出た当初から、今でもですがとても良書だと伺っております。

表紙から既にいい感じの雰囲気が伝わってくるような気がします。

少しずつ読んでいて、現在、Chapter7まであるうちのChapter3の途中まで読んだのですが、

ここまでは、Webデザインについて → アプリケーションと画像について → フォトショの操作という流れで進んできました。

今後は イラレの操作、バナーの作成、ワークフローに沿ったWebサイトのデザイン、コーディング と進んでいくようです。

ここに惹かれる

画像が多い

実際に動かすとどういうものになるのか、どう動かすかなどの画像が要所要所にあり、とても分かりやすく思います。

とりあえず説明が丁寧

上の画像の多さに加えて、その画像を上手く使い、とても分かりやすい説明がされていると思います。

正直本を読むのはそこまで得意じゃないのですが、分かりやすいのでサクサク読み進められます。

適度な余白がとても読みやすい

技術書とかでよくあるようなギュウギュウな文章ではなく、適度に空白があり読みやすいと感じます。

この本はStocker.jpさんの行っている、社会人のためのWebデザインスクールでも使用されているらしいので、より分かりやすく書かれているかと思います。

ワクワクがシフトするって車のキャッチフレーズかなんかであったけども、この本にもそれを感じます。

(-∀-).o0(きっとこれを読み終えたらフォトショ力・イラレ力を中心にレベルアップするんだろうな〜)